ブログ

縮毛矯正長持ちさせる方法~シャンプー編パート2 板橋

こんにちは!

前回の続きを書きますね!

シャンプーの泡立て方

シャンプー剤を少量手のひらにとり、よく泡立ててから髪の毛を中心に揉み込んでください!

お客様の中でも直接髪や頭皮につけてしまっている方がいます。

シャンプー剤はどんなに良いものでも洗浄力がある以上は頭皮に対して刺激物扱いになってしまいます。
市販のシャンプー剤の多くは食器用洗剤よりも洗浄力があるって知ってましたか?

ですので、出来るだけ泡立てた状態で地肌も洗ってくださいね。

ゴシゴシシャンプーはNG!?

頭皮の油分が多い男性によくみられる洗い方ですが、頭皮に痒みを感じたり、汗をたくさんかいたりすると、どうしても頭皮をゴシゴシとシャンプーしてしまう方がいらっしゃいますがこれは絶対にNGです!!

女性の方ならイメージがつくと思いますが、
お顔を洗う時にゴシゴシ洗う方はいらっしゃらないですよね?

それはお肌に摩擦が加わってしまいお肌を傷めるから。
頭皮もお肌と同じでゴシゴシシャンプーをすると傷めてしまいます。

さらにごしごし洗いをすると頭皮は固くなってしまいます。
ペンだこをイメージしてみてください。

ペンだこは同じ場所に強い負荷がかかりすぎると出来る皮膚の反応ですよね?
シャンプーも毎日ごしごし洗っていると体が反応してそこを強くするように固くなります。
そのため毎日するシャンプーは出来るだけやさしく洗ってあげることが望ましいですよ。

今日はここまでです!
次回、やっと本題のシャンプーの仕方です!

縮毛矯正長持ちさせる方法~シャンプー編パート2 板橋_20190806_1