ブログ

縮毛矯正長持ちさせる方法~乾かし方編パート2 板橋

こんにちは!

乾かし方編がスタートしますよ!
まずは、こちら

1.ドライヤーの始まりはタオルドライから

水分を取り除く事=ドライ
だとすればドライヤーをする前の準備段階としてタオルドライの仕方も、もちろん大切になってきます。
タオルドライとは髪の毛と頭皮についている水分をタオルに吸い込ませていく事です。
ここでの注意点は頭皮と髪の毛をゴシゴシとこすらない事です。
ゴシゴシこする事で髪の毛には摩擦による負担がかかりダメージの原因となります。
濡れた状態の髪の毛は非常にもろく傷みやすいのでタオルで優しく包み込む様に水分を取り除きましょう。
また、タオルドライをしたら出来るだけ早くドライヤーをしましょう。
目安は5分以内です!それ以上は自然乾燥が進んでしまい、綺麗に仕上げるのが難しくなってしまいます。
また、タオルドライでゴシゴシしてしまうと頭皮も摩擦による負担がかかり、
細毛や薄毛を引き起こす原因となる事があるので注意が必要です。

次回、髪を乾かす順番を書いていきますよ~!

縮毛矯正長持ちさせる方法~乾かし方編パート2 板橋_20191002_1